トップページ →サーバーサイドとクライアントサイド

サーバーサイドとクライアントサイド

ネット上では様々なプログラムが動いていますね。
その中の一つ、PHPはサーバーサイドスクリプトとして
普及している言語です。
サーバーサイドスクリプトとは、処理を WEBサーバーが行うスクリプトです。

スクリプトにはサーバーサイドスクリプトと
クライアントサイドスクリプトがありますが、クライアントサイドスクリプトは
クライアント側で処理を行うため、クライアントの環境、ブラウザなどに
依存するところが多くなります。JavaScriptやVBScript等が代表ですね。



     次の記事へ

サーバーとは

インターネットでホームページを公開・閲覧する際のサーバーの役割に関して解説しています。また関連して、共有サーバー・専用サーバー・レンタルサーバーの違いに関しても 言及しています。

ドメインとは

ドメインとは、独自ドメインとは、サブドメインとは、マルチドメインとは、レンタルサーバーの契約におけるドメインに関連した基礎ワードの解説です。

SSLとは

SSLのセキュリティ保護に使われるSSL通信に関する説明。サーバー契約時の共有SSLと独自SSLの違いを詳しくしらべ、レンタルサーバーを選ぶ際により確実にいいサービスを選べる知識を深めます。

高度な機能

レンタルサーバ選びの際重要なPHPやMySQLデータベース、クーロンなどの各種オプション機能について触れていきます。特にPHPやMySQLは高度なサイト作成には欠かせない機能です。これら各種オプション機能について簡単に説明していきます。