レンタルサーバー徹底検証

トップページ →SSLとは

SSLとは

SSLはセキュリティを高める暗号化通信の規約でで、広くウェブサイトで利用されていま す。今やインターネットは、日常生活に欠かせないものになっており、重要なデータが 頻繁に送受信されています。しかし便利になった反面、重要なデータを狙って通信データ が盗聴されるなど、危険も増えてきました。そのために欠かせない技術が、世界標準の セキュリティ機能、SSLです。

SSLを利用すると、インターネット上での通信を暗号化することができます。SSLサーバ証 明書が導入されているサイトにhttpsから始まるURLでアクセスする事で通信の暗号化及び、 ウェブサイトの運営者を確認する事ができます。パソコンとサーバ間の通信データを暗号 化することで、データの盗聴や改ざんなどを防ぐことができます。

SSLは、Webサービスを暗号化する際に最も広く使われている技術です。ブラウザのアドレ スバーが「https://」からはじまるサイトはSSLによる暗号化が行われています。Webサイ トにSSLを導入することで、暗号化や認証の技術を使用することが出来るため、ネットシ ョップや、個人情報のやり取りには必須となっています。
つまり、SSLは、信頼のあるインターネット取引に不可欠なものです。

共用SSLと独自SSLの違い

共用レンタルサーバーで「共用SSL」というのをみかけますが、この「共用SSL」とは、レ ンタルサーバー事業者が共用サーバー用に取得した1枚のSSLサーバー証明書を、複数のレ ンタルサーバー契約者が共同で利用するものです。その証明書は事業者が共用サーバー用 に取得したものなので、事業者のサーバー名が記載されています。
そのため、契約者が独自ドメイン名で証明書を取得して使用する場合に比べて、いくつか の制約があります。

以下の表は、共用SSLと独自SSLのおもな違いをまとめたものです。

 共用SSL独自SSL
暗号化通信
組織の実在認証×
サイトシールの提供×
証明書の更新不要※必要


※共用SSLの証明書は事業者が更新手続きを行うため、契約者が管理する必要はない。

契約者が個別に証明書の取得やインストール、サーバー設定などを行う必要がなく、 証明書の有効期限や更新を気にする必要もないため、利用するためのハードルが低く、 また、事業者により事前に準備されているため、使いたい時にすぐに使えるというメ リットがあります。正式な手続きで事業者が取得した証明書なので、ブラウザから警告 が表示されることもありません。

こうした利点と制限をあわせもつ共用SSLですが、低コスト、簡単、すぐに利用可能と いう点がやはり最大の魅力であり、標準で提供しているレンタルサーバーもそれなりに 多いのが実際です。

サーバーとは

インターネットでホームページを公開・閲覧する際のサーバーの役割に関して解説しています。また関連して、共有サーバー・専用サーバー・レンタルサーバーの違いに関しても 言及しています。

ドメインとは

ドメインとは、独自ドメインとは、サブドメインとは、マルチドメインとは、レンタルサーバーの契約におけるドメインに関連した基礎ワードの解説です。

SSLとは

SSLのセキュリティ保護に使われるSSL通信に関する説明。サーバー契約時の共有SSLと独自SSLの違いを詳しくしらべ、レンタルサーバーを選ぶ際により確実にいいサービスを選べる知識を深めます。

高度な機能

レンタルサーバ選びの際重要なPHPやMySQLデータベース、クーロンなどの各種オプション機能について触れていきます。特にPHPやMySQLは高度なサイト作成には欠かせない機能です。これら各種オプション機能について簡単に説明していきます。


[PR] 在宅ワーク(副業・内職)情報をご紹介!
クライアント手数料無料!クラウドソーシングのクラウディア!
[PR] ポイントでお小遣い稼ぐならi2iPoint
無料のサービスやネットショッピングなどでお得にお小遣い稼ぎが出来る!!
[PR] FX投資家・メイの逆張り相場ブログでFXのノウハウ伝授!
専業FXトレーダー・メイのトレード日記ブログ!初心者の入門から逆張りのチャートの読み方まで解説!
[PR] ダイビングならAQROSで全部揃います!
自分にあった器材が見つかるダイビングショップ
[PR] いよいよ始まる電力自由化!電力の比較ならエネチョイス
エネチョイスでは電力会社150社を比較して一括見積もりすることが可能!あなたに合った電力会社を見つけよう!